国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

足底筋膜炎

足底筋膜炎とは

朝起きて歩きだす時に足裏に「ズキン!」と痛みが起こり、しばらく我慢して歩いていると足裏の痛みが和らぐことがあります。これは足底筋膜炎です。また長時間座っていて動き出しの時に痛みが出たりします。

直立二足歩行のしくみ

直立二足歩行が可能にしている理由として骨盤の発達が言われていますが、足の土踏まずがあることも二足歩行が可能の一つです。人の足はアーチが縦と横に存在します。よく知られている縦アーチは足の中央部が高くなり、内側が外側より盛り上がっています。

 

横アーチは足の前の部分の指の付け根を前から見ると第2・3趾(人差し指・中指)を頂点とするアーチが存在します。この横アーチは立って体重がかかると消えてしまいます。縦アーチは足の指を上に向けるとアーチは高くなります。他の哺乳類と異なって二足歩行が可能になっています。

なぜ足底筋膜炎になるのか

足の縦アーチを保持している足底筋膜を伸ばすような付加がかかると、足底筋膜に炎症や変性を起こして痛みが生じます。足底筋膜炎は女性に多いすが骨盤の状態で足底に影響が現れます。産後や生理前などで骨盤は開きますが、開きぎみになると重心は外側にかかってきます。女性の骨盤はよく動きますが骨盤の腸骨の可動がないとカカトに圧がかかりカサカサのカカトになり痛みが出やすくなります。

 

またよく足底筋膜炎の方はカカトをドスドス歩き過ぎだと注意された事もあると思いますが、実はつま先重心やつま先から着地するほうが足底筋膜は突っ張りカカトに痛みが出やすくなります。それはつま先に重心がかかる事でアキレス腱は突っ張りカカト部分に付着している腱が引っ張られるからです。

 

体重も原因の一つだと言われていますが、あまり体重は関係ないと思います。痩せ型の人でも足底筋膜炎の方はたくさんいます。その他の原因として運動不足、むくみ、腎機能の低下など。

足根管症候群

足底筋膜炎と似た症状で足根管症候群があります。足関節の内踝の内下方2㎝の部分が痛む病気です。その部分がしばしばふくらんで深部に腫瘤を触れることがあります。そこを押すと痛み、軽く叩くと足底に痛みが走ります。進行すると足底にシビレが出ます。さらにひどくなると感覚がなくなってきて物を踏んでも感じくなったり、足底の筋肉も痩せてきたりします。

 

足根管症候群が起きる原因は、足関節の内後方の骨とスジで囲まれた足根管という狭い箇所を脛骨神経が通過していますが、その神経が足根管の中や周囲にできた骨や腫瘍で圧迫されることで起こります。神経を締め付けるもっとも多い原因はゼリー状の粘液で満たされたガングリオンという良性の腫瘍です。

 

この部位はガングリオンが起こやすい箇所です。ついで距骨と踵骨の内側がくっつきそうな状態になる先天性の癒合によって骨の隆起が起こり、それに神経が圧迫されて症状が出ることもあります。これらガングリオンや骨の隆起は、CTやMRI像により分かります。明らかに腫瘍や骨の突起が分かれば手術でそれらを切除するなりただちに痛みやしびれはなくなるようです。

腰が原因で足が痛む

足の裏の痛みや痺れ

足底に痛みや痺れを感じる場合は、足底筋膜炎や足根管症候群などがありますが腰が原因で足裏に痛みが出ることがあります。その多くは腰部脊柱管狭窄症によるものです。この病気の症状は一定の距離を歩くと下腿から足裏に痛みや痺れが現れ、少し休むと痛みがとれ、また歩く事が出来ます。

足の甲の痛みや痺れ

足自体に異常はないのに痛みや痺れが出ることがあります。この原因は椎間板ヘルニアでヘルニアは第4と第5の間の椎間板に多く、下肢に繋がる神経を圧迫します。その神経(座骨神経)は下腿の外側と足の甲の外側を支配していますので、足の甲に痛みと痺れが出ます。

 

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • 営業日
  • お気に入り