国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

日本人と外国人の骨盤の違い

外国人と日本人は体型の違いはありますが、外国人がスタイルがよく見えるのは骨盤が上がってヒップアップされているからです。

 

腰の反りがなくなり骨盤が下がると足は短く見えます。外国人はヒップアップされ足の裏側の筋肉の大腿二頭筋が伸びてスラッとして見えます。

 

陸上選手を見れば日本人と外国人(特に黒人選手)の骨盤の違いが分かりやすいです。外国人の多くは日本人に比べ腰が反り骨盤が上がって(ヒップアップ)います。

 

かつて世界陸上で200メートル走で日本人初の銅メダルを取った末續選手の走り方は「忍者走り」と言われて話題になりましたが、この忍者走りは日本人の骨盤を考えた走り方でした。世界では「つま先で強く蹴って足を高く上げる走法」が主流でしたが、末續選手は足を高く上げずに低いポジションをキープして走りました。日本人は外国人のように足を高く上げると骨盤の影響でうまくスピードにのれません。

 

黒人や白人の骨盤はヒップアップされて骨盤が前傾していますので、足を高くあげても重心が低くキープ出来て足の力を前方にもっていかれますが、

 

日本人は骨盤が下がり後傾していますので、足を高く上げると背骨が起きてしまって重心が上がり蹴った力が前方ではなく、上方に向いてしまいますので日本人は足を

高く上げて走るのは走法では外国人より早く走ることは難しいのです。

 

歩くことでも同じことが言えます。日本人は骨盤が下がっている為に、大股で歩くと外側に重心がかかりガニ股になっていってしまい、下腹部(丹田)に力が入りません。日本人はサムライと同じようにすり足で歩く事が適しています。歌舞伎や能などの古典芸能に残っています。

 

骨盤が下がった日本人は歩幅を小さくして足を上げずに重心を下腹(丹田)に保つようにすると安定します。日本の身体所作は正座、四股、蹲踞(そんきょ)など丹田に重心がくるように工夫されています。

 

特にカカトや外側の靴が減る人は骨盤が下がって開いている傾向がありますが、大股で歩くと腰痛や股関節の痛み、膝痛などの症状にもなりやすいです。また骨盤が下がると年配の方がよく悩んでいるように尿漏れ、残尿感など尿のしまりが悪くなってきます。

 

 

当院の整体例(整体の効果には個人差があります)

 

   ① 骨盤矯正によりバランスがよくなっています。背筋が伸び猫背も改善しています。

 

 

② 骨盤矯正により骨盤が上がり腰が入っています。猫背も改善しています。

 

 

③ 骨盤が下がり膝が曲がり猫背になっています。整体後は改善されています。

 

 

④ 全体的に後傾していましたが、整体後バランスよくなっています。

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • 営業日
  • お気に入り