国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

頭痛の症例

頭痛の改善症例集

 

頭痛には女性特有の頭痛があります

 

 

痛くない整体による頭痛の改善症例です。

 

症例10

30代女性

来院 2017年9月

症状 頭痛、首の痛み、肩甲骨周辺の痛み、腕の痺れ

過去に交通事故でムチ打ちになり、首の張りから頭痛がひどくなった。頭痛は毎日で痛み止めを常に持っている。倦怠感が常にあり、肩甲骨の周辺や首の凝りや痛み、右腕に痺れがあります。
所見

頸椎に歪みもあり、かなり張っています。猫背で肩甲骨も強く張っていて上胸部の緊張が抜けないような感じです。腕の痺れが頸椎から来ていると思われます。右側の骨盤は開き、骨盤のバランスが悪いです。交通事故の打撲の影響があるかもしれません。骨盤の影響は頸椎にも及びますので骨盤から整えないと肩や首もよくならない事も多いです。また胃下垂のため、胃の重みで首や肩の筋肉が引っ張られて痛みの原因にもつながっています。

治療経過

週に一度の整体をしていきます。一年前からカイロプラクテッィクで治療していて首の可動範囲はよくなったようですが、痛みなどはかわらなかったようです。骨盤、腹部の調整を中心に整えていきました。骨盤もバランスが悪い状態で固まっていましたので骨盤がある程度の弾力と整うのに1,2か月かかりました。その頃には腕の痺れはとれ、肩甲骨周辺の痛みや首の痛みは軽減しています。頭痛の痛みも軽減していましたがまだ、痛み止めは手放せないです。その後も頸椎自体はほとんど触らずに、体全体を見ながら首を緩めていきました。4,5か月して要約痛み止めがいらないくらいになり、頭痛の頻度もかなり少なくなりました。その後は少しずつ間隔を開けながら整体して半年くらいで肩甲骨周辺や首の張り感もほとんどなくなり、頭痛もほとんどなくなりました。以前より呼吸も楽になり倦怠感もなくなり睡眠の質もよくなっています。交通事故の打撲の影響で骨盤のバランスが崩れ、肩甲骨や頸椎に影響がありました。首だけ施術しても改善は難しかったように思います。

 

 

 

症例9

 

30代男性

来院 2018年3月

症状 頭重、頭痛、眼精疲労、肩こり、倦怠感

10年前くらいから頭が常に重い。頭痛外来で薬をもらっている。ひどい時は頭痛、肩こり、吐気、目の奥の痛み、睡眠障害など。寝ても疲れがとれなくて倦怠感があります。
所見

肩甲骨の間の背骨が大きく歪んでいます。猫背で首から肩の張りが強くなっています。自覚はないようですが、太ももの裏がかなり張っています。呼吸が浅く全体的に体の緊張状態が続いて力が抜けていないような体で血流も悪いです。目の疲労が首から肩に凝りとして表れています。

治療経過

上胸部から上の張りや緊張をとるように施術していきます。頭重感は最初の内はなかなか改善しませんでしたが、全体的な張りは少しずつとれています。肩甲骨の間の歪みも改善され猫背もよくなっています。睡眠の質がよくなってきたようです。目や腕からの疲労もあり、部分的に温めるようにアドバイスして家でメンテナンスしてもらいました。仕事の関係から施術の間隔はもちまちで週に2回の時もあれば、2週間に一度のようなときもあります。8回目くらいから頭重感も軽くなり、症状があまりひどくなるような事はありませんでした。その後は10回を越したくらいから頭重を感じる事のない日も出てきたので、徐々に間隔を開けながら様子をみて継続中。薬を使う事もなくなり体調はだいぶ良くなったようです。

 

症例8

30代男性

来院  2016年12月

症状  頭痛、首こり、肩こり、吐気

10年前から頭痛持ちでイヴを飲んでいる。最近薬が効かなくなったのと、

薬を飲み続ける事に不安があり、根本的に改善するために来院。

所見

首や肩のこりがひどいと本人は感じているようでしたが、触ってみると指も楽に入し、

それほど凝っている感じではなく神経性の緊張(過敏)による肩こり、

首こりと思われました。体は捻じれる癖があり、頚椎も少し捻じれています。

経過

初回の整体では肩甲骨、首のバランスをとり血流をよくしました。2回目の施術までの

1週間で頭痛は出ませんでした。取りあえず3週間後に3回目の施術しました。その間頭痛は1,2回くらいで収まっていたようです。1カ月後の施術までの間も少し頭痛が出たが薬を飲む程ではなく、楽だったようです。その後様子を見ながらの施術で、頭痛が出そうな程凝った時に来院されています。

 

症例7

30代女性

来院  2016年11月

症状  頭痛、吐気、腰痛

1週間前から頭痛がひどく、重いものを持つと吐き気がする。

痛みどめは効かない。腰痛もあります。

所見

頚椎に歪みや硬さがみられます。体も捻じ、骨盤のバランスが悪いです。

手足のむくみがあり、産後からむくみが取れずに太りやすくなったようです。

産後から骨盤のバランスが悪くなったことも影響して、今回のきっかけの原因と

なっていると思います。

経過

初回は骨盤を中心に調整をしました。腰の動きがよくなり、すっきりしたようでした。

その日は眠気が強くてぐっすり眠れたようでした。

次の日は頭痛、吐気はなかったようです。1週間後の2回目の施術までに大分頭痛も

減り、吐気はなく、むくみが改善されて喜ばれました。

3回の施術で頭痛も腰痛も解消したので、しばらく様子を見る事にして終了しました。

 

 

症例6

40代女性

来院  2016年9月

症状  頭痛、疲れやすい、首の痛み、腰痛、動悸、便秘

特に辛い症状は頭痛で、疲れた時、生理時、熱い時に頭痛がしやすく頭痛薬(ロキソニン)を使用する事が多かった。過去に2度のむち打ちがあり、首や肩甲骨に凝りや痛みを感じやすいです。腰痛もありますが全体的に右側に症状が起こりやすい体です。

体の歪みと経過

一見ひどく歪んだ感じはありませんが、首の歪みがあります。4回の整体でいつも疲労感があった体は楽になり、頭痛も少なくなってきました。薬を今まで使っていたので薬物乱用頭痛の感じがあります。遠方からの来院でしたので、たまにしか施術出来ませんが少しずつ改善して本人も症状に対して良くなる決心をして前向きになっています。

考察

過去のむち打ちが体調を崩すきっかけになったようですが、打撲など首への衝撃は後から悪い症状が出てくる事があります。打撲は体の内側に影響が強く残るからです。また頭痛薬(ロキソニン)を今まで使ってきたので薬物乱用頭痛も含んでいると思いますが頭痛の頻度が少なくなり、急に止めなくても使用する機会が減り、本人の薬に頼らないという意思があれば頭痛は良くなっていきます。

 

症例5

40代女性

来院  2016年9月

症状  頭痛、首のはり、生理痛、腰痛

高校時代から頭痛、生理痛はひどかったが昨年後ろからの事故でむちうちになって

特に調子が悪くなった。首の張り(特に首の前側の胸鎖乳突筋という筋肉)を感じて

くると頭痛が起こり、頭痛薬(ロキソニン)を飲んでしのいでいた(ロキソニンを

飲むと胃が痛くなるので胃薬も飲んでいた)。生理痛は特に2日目に腹痛、腰痛が

ひどくなり寝込むようになる。生理周期や天候によって体調が変わりやすい。

体のバランスと経過

過去に大きな捻挫・右膝にタナ障害があり、左右の足のバランスが悪く骨盤が歪んで

いました。初回の骨盤矯正で首の可動域が良くなり、上を向いても痛くなくなりました。

またしっかり座れている感じがあったようです。

その後2回目の施術までは体がスッキリして薬も飲まなかったようです。

5回の整体が終わると低気圧がきても頭痛はなくなりました。

歩いていてバランスの悪さを感じていたが、その違和感もなくなったようです。

その後3回の整体で生理痛はあるものの、寝込む程ではなくなりました。

 

考察

右膝にタナ障害があったので骨盤のバランス、可動が悪く固まっている感じでした。

骨盤が歪むと上半身のバランスも崩れてきますので、まずは骨盤中心に整えていき

ました。骨盤が整うと首もよくなり、首のはりはすぐに良くなりました。

その時点でも頭痛もかなり減っていました。

膝のタナ障害で元々不安で骨盤が歪みやすい為に、今後もたまに整体したほうがよいかもしれませんが、骨盤は膝や足首の影響が出やすくなります。

 

症例4

10代女性

来院  2016年6月

症状  頭痛、めまい、吐気、息苦しい、倦怠感、耳鳴り、生理痛など

1~2カ月前から徐々に体調が悪くなり通学に影響を及ぼしている。

病院では偏頭痛、起立性調整障害と診断されている。

主につらい症状としてはこめかみの頭痛、体のだるさ、吐き気、息苦しさがある。

学校も休みが増えたり、早退することもあった。

その他、めまい、耳鳴り、疲れやすさ、生理痛などの症状あり。

体のバランスと経過

首、肩のバランスの悪さや歪み、足はかなりむくみがあり全体的に血流不良。

生理痛もひどいようであるが下腹部はおもい感じあり、血流が滞って足のむくみの

原因の一つになっているようでした。

まだ中学生で回復力があり、初回の整体後一週間はだるさ、息苦しさもなくだいぶ

症状は良くなっていました。自律神経が乱れてお腹の動きも悪かったが施術中から

お腹の動きがあり、神経的な働きも改善されてきていました。

しばらく様子をみてもらいますが、とりあえず週一の整体で4回で終了しました。

考察

主に頚椎の歪みにより頭痛、吐き気など症状が出ていたと思います。

また首は自律神経の発信基地のようなところで頚椎の歪みがあると自律神経の働きが

乱れます。足のむくみが強く体が血流不良でしたが、足にむくみがあるという事は

上半身は体液(血液・リンパ液)の循環が滞って筋肉細胞は酸欠状態でこりや痛みが

起こりやすくなります。女性は全体の循環を改善するのに骨盤の影響は大きいです。

 

症例3

40代女性

来院  2016年6月

症状  頭痛、肩こり、生理痛

頭痛は20代からひどく毎日のように痛み止め(ロキソノン)を飲んでたようです。

痛み止めの飲み過ぎで胃の調子も悪い状態でした。

デスクワークなので肩こりもひどく、特に右側の肩こりに悩んでいました。

パソコン作業している以外には長時間の運転でも肩こりになるようです。

体のバランスと経過

上部頚椎に歪みがありました。上部頚椎は頭部への血流に大きな影響を及ぼしますので

頭痛が起こりやすいですが、頭痛は後頭部に出ることが多いようです。

骨盤の硬さも見受けられ、下腹部の張りがあり重く血流が悪い感じがしました。

女性は骨盤内の循環が悪くても頭痛や生理痛の原因になります。

整体で頚椎と骨盤調整をを整えることを中心に施術していきました。

最初は週に一回の施術で6回ほどでかなり頭痛も減りました。

その後月に2回の整体で週に一回あるかないか程度になりました。

お腹の調子もよくなり、胃や生理痛が改善して、特に便の具合がよくなったと喜んで

くれました。その後は体調維持のために月一回の施術をしております。

 

考察

頚椎、骨盤の歪みが頭痛や生理痛の主な原因と考えられますが、頻繁する頭痛のために毎日のように飲んでいた痛み止めの影響で胃腸の具合が悪くなり骨盤内の体液循環も悪くなり悪循環になっていました。薬物乱用頭痛と言ってもいいかもしれません。薬を飲み続けることはさらに体調を崩す原因になりますので使い方には注意が必要です。

 

症例2

50代女性

来院  2016年5月

症状  頭痛(後頭部)、首こり、肩こり、胃痛、めまい、不眠、腰痛

仕事などのストレスにより、首こり、肩こりから始まり、毎朝後頭部に

頭痛があり、眠りも浅く睡眠導入剤(デパス)を使って寝ていました。

めまい、ふらつき、胃が痛くなることもよくあり、食欲もあまりありませんでした。

体のバランスと経過

頚椎の歪みがあり一回目で改善されると上を向く事が楽になり可動範囲が広がったことに驚いていました。一週間後に整体後の様子を聞くと朝の後頭部痛は一回だけだったそうです。6回目が終わると頭痛、めまいは消失。

本人もあまり使いたくなかった睡眠導入剤(デパス)も週の半分くらいの使用になっていました。3か月間週に一回の治療でしたが、胃の痛む事もかなり少なくなり、

睡眠の質もよくなりデパスは使わなくなりました。

肩こりはたまにありましたが腰痛を感じることは全くなくなっていました。

その後治療の間隔を2週に一回、3週に一回、月に一回とひろげていっても、

ひどい状態にならないようになりました。

 

考察

ストレスにより胃痛になる事は多くの方が経験あると思いますが、特にその傾向が強く

体に影響するタイプの方でした。頚椎の調整により毎朝起きる後頭部の頭痛はすぐに

なくなりました。軽い頭痛なら盆の窪を抑えると楽になりますが上部頚椎は頭部への

血流にダイレクトに影響してきます。

また頚椎が歪むと自律神経も乱れ胃の不調や不眠、めまいなどの症状も出やすくなります。睡眠は寝るタイミングや風呂後の過ごし方などアドバイスをさせてもらい、体が整体になってくると睡眠の質もよくなりますので導入剤を使わなくても寝れるようになりました。運動不足でしたのでたまに運動により発散していただくとより体調がよくなると思います。

症例1

40代女性

来院  2016年8月

症状  頭痛(頭が常におもい)、首こり、肩こり、眼精疲労、倦怠感

仕事はデスクワークで頭がいつもおもく感じられ、目が疲れると頭痛がひどくなり、目の奥が痛みます。首こり肩こり、肩甲骨のこりもひどく腰痛もありました。

寝ても疲れが取れない日が続いており、いつも倦怠感がありました。

体のバランスの悪さを感じていて症状は全体的に左側に強く出やすい状態でした。

体のバランスと経過

体は本人も感じていたようですが、傾いており肩の高さも違っていました。

肩甲骨から上はこりが強く、頭部への血流が悪くなっていました。特に目の疲労からくる特徴である首の骨際、上部胸椎部の強いコリを確認しました。

初回で首、肩周りの緊張を緩め、頭部への血流を改善し、目の疲労を緩和するよう

整体を行いました。初回が終わったあと頭はだいぶスッキリしたようでした。

自宅で出来る目のケア方法をお伝えしました。

5回目くらいまでは好転反応で整体後はだるさが多少ありました。

肩まわりのこりが強かったために、横になっても体の力が抜けず質のよい睡眠が取れていませんでしたが、8回目の整体の頃には全体的にあまりこりは感じる事なく、

忙しい時だけ少しの頭重感と肩甲骨まわりのこりを感じる程度になりました。

睡眠の質も良くなり、いつも感じていた倦怠感はないようです。

その後月一回のメンテナンスでそこまで辛い状態になる事はないようです。

 

考察

デスクワークの方はよくある症状です。目の疲れは自覚がなくても体全体に影響を

及ぼします。首肩こりからはじまり、次第に肩甲骨が硬くなります。

肩甲骨が硬くなると対応する骨盤も硬くなり腰痛になりやすくなります。

特に骨盤の動きがダイナミックな女性は目のケアをする事を心がけて頂きたいです。

また慢性的なこりは背骨の弾力がなくなり、寝ても力が抜けない、リラックスが出きない常に緊張した体になってしまいますので、いつも倦怠感があり、イライラしやすくなります。

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年8月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • お気に入り