国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

肩甲骨の痛み

肩甲骨が痛くなる原因とは

揉んでも良くならない肩甲骨周辺の凝りや痛みの原因とは

①姿勢の悪さからくる痛み

②骨盤の歪みからくる肩甲骨の痛み

③腕の疲労からくる痛み

④眼精疲労からくる痛み

⑤内蔵からくる痛み

 

①姿勢の悪さからくる痛み

猫背で顔が前に出ているような姿勢ですと背中、特に肩甲骨の間に強い凝りが出ます。特にデスクワークの方は動かない時間が多くなりますので血流が悪くなり張りやすいです。なるべく手を体から離さずに作業しましょう。

 

②骨盤の歪みからくる肩甲骨の痛み

骨盤の歪み肩甲骨周辺に痛みが出る事は多くあります。骨盤と肩は大きな筋肉が繋がっています。産後から肩甲骨が痛くなった場合は骨盤からの影響があると思っていいと思います。ほとんどの場合片側に痛みが起こります。

③腕の疲労からくる痛み

重労働をしている方に多いですが、腕からの重みで強く肩甲骨が引っ張られ脊椎と肩甲骨との間に痛みが起こりやすくなります。

 

 

④眼精疲労からくる痛み

目の疲れは最初は後頭部の辺りが凝ったように感じます。慢性化すると次第に凝りが肩のほうに降りてきて首の付け根が凝りだします。上部胸椎が強張ると肩甲骨の動きが悪くなり肩の力が抜けなくなり重かったり痛みが続きます。眼精疲労が慢性化すると目が疲れている事も分かりにくくただの肩こりだと思いがちになります。目を酷使することは多いですが定期的に目を温めるなどしてケアしましょう。特に女性は目から肩甲骨、骨盤と影響が出ますので注意しましょう。

⑤内蔵からくる肩甲骨の痛み

心臓疾患(特に狭心症)は左側に痛みが出やすく、胸部だけではなく脇や背部にも痛みが出ることがあります。痛みのほかに呼吸困難や動機がしたら注意。肝臓や胆のうの病気の場合は右側の肩甲骨周辺に痛みがでることがある。また肝臓の疲れは右肩が凝りやすくなります。

 

肩甲骨の痛みと自律神経

頸椎には上頸神経節、中頸神経節、下頸神経節がありますが下頸神経節は星型をしている事から星状神経節とも呼ばれ自律神経への影響が特に出ます。肩甲骨周辺が凝ると星状神経節が常に緊張興奮して慢性的に交感神経(仕事や運動時など日中に優位に働く神経)が優位になります。体を休めるためには副交感神経(食事、睡眠、入浴時などリラックス時に働く神経)を優位にする必要がありますので肩甲骨周辺の強張りをとり星状神経節を緩める必要があります。

肩甲骨が凝るだけで自律神経が乱れ体調が悪くなる

  • 首が痛くて回らない
  • 腕が上がりにくくなる
  • 息苦しい
  • 睡眠の質が悪くなる
  • 倦怠感、疲れやすい
  • 胃腸の調子が悪くなる
  • 頭痛、鼻つまり、眼精疲労
  • 腰痛、骨盤の痛みになる
  • 生理痛、PMSなどになりやすい
  • 足の痛みや痺れ
  • 血圧が高い
  • 体が冷える

 

このように様々な不調がが起こりやすくなります。自律神経が乱れている方は肩や肩甲骨の凝りや痛みを訴える方がほとんどです。体が緊張して肩の力が抜けずにいます。精神的なストレスが主な原因とされていますが身体的な問題で自律神経が乱れている方が実は多くいます。

 

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • 営業日
  • お気に入り