国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

便秘

自律神経が乱れると便秘になる

 

自律神経が乱れている方は便秘になりやすいです。自律神経は活動時に優位に働く交感神経とリラックス時に

優位に働く副交感神経の二つの神経からなっています。

 

この交感神経と副交感神経はシーソーのように片側が上がればもう一方は下がるというようにバランスを取りながら働いています。腸のぜん動運動は主にリラックス時に働く副交感神経によって腸管が収縮する運動なのでリラックス出来る環境で腸は活発に動きます。

 

ストレスや仕事のし過ぎで交感神経が優位になると便秘になりやすくなります。このような心因性の便秘はすぐに止めなければなりません

 

便秘とは

 

排便は毎日なくても問題はありません。

あまり神経質になると余計に出にくくなります。

 

・排便してもお腹に張りがある。

・排便しても気分がよくならない

・便が出ないので食欲がないことがある

・排便に違和感がある

 

このような症状があるなら便秘かもしれません。排便は「出た」と「出す」では大きく違います。下剤に頼り便を「出す」とのと違い、便意により自然に「出た」ときはスッキリして快感があります。

下剤に頼るとより便秘がひどくなる

下剤は大腸の粘膜を刺激して軽い下痢をおこしているだけで、下剤を飲み続けていると徐々に粘膜が鈍感になり、薬を使わないと動かない大腸になってしまいます。

 

下剤は下痢を起こす薬です。また下剤を常用すると粘膜がただれたりして腸内環境が悪くなってしまいます。

そもそも便秘する理由

自然な便通は、食後に胃が動き大腸が刺激されることによって便意がおこります。これを「胃・大腸反射」といいます。一日のうちで「胃・大腸反射」が起きやすいのが朝食後です。朝の起きかけの水一杯で便秘がよくなることはよくあります。

 

便秘の原因①:胃・大腸(結腸)反射が起きない便秘

胃の動きで大腸が刺激されることで便意が起こりますが、高濃度の砂糖が胃に入ると、胃の筋肉が弛緩してしまい動かなくなってしまいます。これを糖反射といいますが食前に甘いものを飲んだり食べたりすると胃の動きが悪くなりますので「胃・大腸反射」が起きにくくなり便秘の原因になります。

 

胃の動きをよくするには食事の一時間前は甘いものを取らないことと、自然塩とスパイスを摂ることです。自然塩とスパイスは胃腸のぜん動を活発にして胃腸内の腐敗を防ぐ働きがあります。胃腸のぜん動を促すミネラルはカルシウムとナトリウムであることが

明らかになっています。毎食に質のよい自然塩、しょうが、七味唐辛子、ワサビ、 胡椒、山椒、ウコン、シナモンなどのスパイスを摂るとよいでしょう。

 

原因②:ストレスによる便秘

仕事、人間関係、睡眠不足などの理由で過度なストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れ便秘の原因になります。

 

消化、吸収を司るのは副交感神経ですので、ストレスにより副交感神経が低下すると便秘になりやすく、また便秘や下痢を繰り返す場合も自律神経の乱れが原因であることが多いと言われています。

 

 

原因③:腰椎の歪みによる便秘

腰に歪みがあると便が直腸までいっても便意が起きにくく、すんなり出なくなります。どちらかの肩が下がっている人は腰の歪みがみられることが多く、便秘になりやすいタイプです。こういった便秘のタイプは腰の歪みを整えると便意が起こります。

 

 

 

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • 営業日
  • お気に入り