国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

めまい、耳鳴り

めまいの原因

 

しゃがんでいて急に立った時、目の前が暗くなったり、くらくらしためまいを感じることがあります。急に立ったとき目がくらむ一種のめまいで起立性低血圧、起立性調節障害などと呼ばれています。必ずしも身体の具合が悪いときに起こるのではなく、健康な人でも疲れた時などにおこる日常的な症状といえます。

 

平衡感覚が不安定な状態がめまいですが、めまいを症状の一つとする病気や異常はたくさんあります。一般的に内耳に関係する病気はめまいを起こしやすいです。 周りや自分がぐるぐる回るめまいは、急性で危険な病気の場合も少なくありません。場合によっては病院でみてもらうことが必要です。

 

めまいには3つのタイプがある  

めまいのタイプには大きく分けると、グルグル目が回る「回転性めまい」、フワフワとふらつく「浮動性めまい」、クラクラする「立ちくらみのようなめまい」の3つのタイプに分けられます。

 

一般的に回転性めまいは耳の障害で起きることが多く、浮動性めまいは脳の障害、立ちくらみのめまいは血圧の変動など全身の病気であるうことが多いとされています。ただし、めまいの症状だけでは病気を断定することは出来ませんので、めまいと同時に何か他の症状が起きていないかチェックすることが重要です。

① グルグル回る回転性めまい

回転性めまいの多くは耳の障害が原因と考えられます。耳には音を聞く働き(聴覚)と、体のバランスを保つ働き(平衡感覚)があります。まっすぐ立ったり歩いたり、転倒しないようにバランスがとることが出来るのは、耳に平衡感覚があるからで、乱れますと回転性めまいを引き起こします。

回転性めまいの症状の特徴

グルグル目が回るめまい、吐き気、嘔吐、耳鳴り、耳が詰まる、難聴、神経症状はない

② 体がフワフワふらつく浮動性のめまい

脳の血管が詰まる、脳梗塞、脳腫瘍など脳に何らかの障害が起きると、体の平衡感覚を保つ働きを担っている脳幹や小脳の働きが悪くなり、めまいの症状が現れやすくなります。

 

浮動性めまい自体の症状は軽いため、あまり危険な病気には感じられませんが、命に関わることがありますので注意が必要です。

 

特に激しい頭痛や意識障害、顔面麻痺、物が二重に見える、舌のもつれがある時は重大な脳の障害が疑われますので、脳神経外科で検査を受けたほうがよいです。

 

浮動性めまいの症状の特徴

体がフワフワするめまい、激しい頭痛、意識障害、手足がしびれる、舌がもつれる、物が二重に見える、顔面神経痛などその他の神経症状がある。

③ 立ちくらみのような、クラクラするめまい

立ちくらみのようなクラクラしたり、目の前が暗くなったりするめまいは、主に全身性の病気で起こります。例えば、高血圧や起立性低血圧、貧血などでは血圧が急激に変動して脳に送られる血液量が不安定になることでめまいを生じます。

 

また生活習慣病で動脈硬化を悪化させ、脳の血管に障害を与え、立ちくらみのようなめまいが現れることもあります。めまいに加え、頭痛や肩こり、イライラなど、いくつも症状が同時に起こっている場合は、自律神経失調症であったり女性の場合では更年期障害の症状としてめまいが起きていることも考えられます。

 

病院では原因がはっきりしないもので、過労や睡眠障害、精神的なストレスによるめまいを訴える方が増えています。ストレス時のめまいは、頭痛、肩こり、不眠や食欲不振などさまざまな不調を伴うのが特徴で生活を見直す必要があります。

 

めまい立ちくらみが起こりやすい場合

  • もともと脳への血液を送る力が弱い低血圧、貧血、高齢者
  • 頚椎の歪み、怪我、コリによる血流不良
  • デスクワークなどで血液循環が悪い人
  • 脳の血液循環に問題がある人
  • 自律神経の乱れにより血流が悪くなっている人
  • 猫背・口呼吸で深い呼吸が入らない人
  • 身体や首が曲がっている人

その他めまい立ちくらみが起こりやすい病気

風邪、便秘、動脈硬化、中耳炎、脳の病気、頭部打撲、メニエール、一酸化炭素中毒など

健康な人でも立ちくらみが起きやすい場合

飲酒時、入浴時、発熱時 (血管を拡張させやすい状況で立ちくらみは起きやすくなります)

整体では

  • 頭部への血流をよくする為に頚椎の歪みを整える
  • 血流をよくするためにデスクワークなどで足に溜まった体液の循環を促す。
  • 深い呼吸が入りやすいように整体する(猫背、呼吸器に影響する胸椎3番4番)
  • 身体が平衡を保つように、骨盤を中心に考えた全体のバランス整体

耳と脳以外が原因のめまい、耳鳴り

自律神経失調症

頭痛、肩こり、首こり、腹痛、倦怠感など、いくつも症状が合併して起こっている場合は、自律神経失調症が疑われます。自律神経失調症は活動時や緊張時に働く交感神経と、休息時や安息時に働く副交感神経からなり、それぞれがバランスをとりながら、呼吸、血圧、体温調節など、さまざまな体の働きをコントロールしています。しかし生活リズムの乱れや心身のストレス、首こりなどにより自律神経の働きが乱れると、いくつもの体の不調が現れます。めまいや耳鳴りもその一つです。

 

起立性低血圧

心臓の機能低下や血流量の減少

朝起きたときにふらついたり、急に立ちあがったときに立ちくらみを起こしたりすることがあります。こうした症状は「起立性低血圧」と呼ばれ、耳や脳以外の原因で生じるめまいのひとつです。

 

健康な人は自律神経が働いて姿勢を変えたときの血圧は調整されていますが、自律神経が乱れると起き上がったときや立ちあがったときに血圧の変動をうまく調整できず、急に血圧が下がってしまいます。特に脳への血流量が一時的に減ってしまうため、めまいや立ちくらみの症状となります。起立性低血圧は全身の血流量の減少、心臓の機能低下が考えられます。

 

うつ病

気分の落ち込みなどを伴う場合はうつ病の可能性も

めまいや耳鳴りの他、気分の落ち込み、やる気が出ない状態(抑うつ状態)や不眠、集中力低下などで、仕事や日常生活に支障が出ている場合はうつ病が疑われます。

 

パニック障害

満員電車などで胸がドキドキするなど

満員電車のなかや地下道などで突然、胸がドキドキして、呼吸困難、発汗、しびれ、ふらつき、激しいめまいなどの発作を起こし、その後も同じような場所や状況になると同様の発作(パニック発作)を繰り返し起こす病気をパニック障害といいます。このような発作が再発することへの強い不安から外出出来なくなってしまう(広場恐怖)のも、パニック障害の特徴的な症状です。

 

更年期障害

女性ホルモンの急激な減少

女性の場合、閉経前後に更年期という時期を迎えます。だいたい40歳代後半~50歳代半ば頃がその時期にあたり、5~10年間ほど続きます。更年期になると女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少して、自律神経の働きが不安定になり、その結果、めまいや耳鳴りの他、ほてり、冷え、頭痛、発汗、イライラ、憂鬱などの様々な不快な症状が現れてきます。

 

糖尿病 

血流障害がめまいや耳鳴りの原因に

糖尿病や糖尿病予備軍になると、血管がもろくなって詰まりやすくなります。内耳神経に酸素や栄養素を送っている血管に血流障害が起きると、めまいや耳鳴り、難聴の症状が現れることがあります。

 

高脂血症(脂質異常症)

動脈硬化の進行を早める

高脂血症は血液中に含まれる脂質が増えすぎた状態のことで、脂質異常症になると動脈硬化の進行を早めてしまいます。この高脂血症が内耳神経に酸素と栄養を送っている血管に血流障害をきたすことで、めまいや耳鳴り、難聴が起きることもあります。

 

心因性難聴・薬剤性難聴 

ストレスや薬剤の影響でめまい・耳鳴り

心因性難聴とは精神的にストレスなどが原因で、急に聞こえが悪くなる病気で基本的に両耳に難聴が現れます。原因不明の難聴と診断されることも少なくありません。また他の病気のために服用した薬により、内耳神経が障害されて難聴が生じるのが薬剤性難聴です。この場合も多くは両耳に難聴が出ます。

 

耳が原因で起こるめまい、耳鳴り

メニエール病

回転性のめまいが繰り返される

メニエール病は原因が分かっていない難病の一つで、突然目の前の光景がグルグルと回るような、回転性の激しいめまいを起こす病気です。メニエール病は特に女性に多く、発症のピークは30歳代後半~40歳代前半といわれています。発症にはストレスが影響されていると考えられており、神経質なタイプで過労や睡眠不足から発症しやすいといわれています。

 

多くはめまいとともに吐き気、嘔吐、耳鳴り、耳の詰まり、難聴などの症状が現れます。耳の症状は片耳だけに起こります。症状が起こる時間の長さは個人差がありますが、繰り返し起こるのがメニエール病の特徴です。

 

 

突発性難聴

突然、片側の耳が聞こえなくなる

ある時突然片耳が聞こえなくなる病気で、原因がはっきりしないものを突発性難聴といいますが、これも難病指定されています。難聴の程度には幅があり耳が詰まった感じがする程度のものから、まったく聞こえないという場合までさまざまです。

 

多くは片側だけに起こり難聴と前後して耳鳴りや回転性のめまい、吐き気を生じることもあります。メニエール病の初期の症状が似ていますが突発性難聴は繰り返さずに一回で終わるのが特徴です。もし繰り返されるなら他の病気の疑いがあります。

 

良性発作性頭位めまい症

頭の位置の変化でめまいが起こる

頭の位置の変化で起こるめまいを良性発作性頭位めまい症といい、耳の異常によるめまいの中でも最も多いと言われています。いつも同じ頭の位置でめまいが起きるのが特徴で、数分でおさまります。

 

耳起床時に起き上がったとき、寝がえり打ったとき、上を向いたとき、下を向いたときなどに鳴りや難聴といった耳の症状は起こりません。原因ははっきりしていません。

 

外リンパ

激しいめまいから難聴へと移行

内耳と中耳を仕切っている内耳窓という膜が何らかの原因で破れ、内耳の外リンパ液が中耳に漏れ出す病気を外リンパ瘘といいます。発症すると激しいめまいに続き、難聴が悪化しますが、症状には個人差があり、めまいは起こらずに難聴や耳鳴りだけが悪化する場合もあるようです。

 

発症のきっかけは、鼻を強くかむ、せき、くしゃみ、排便時のいきみ、重いものを持ち上げる時の力み、飛行機や水中を潜ったときの気圧の変化など、耳の中の圧力が急激に高くなったときが挙げられます。また発症時は「ポン」というポップ音が聞こえたり、水が流れるような耳鳴りが起きる場合もあります。

 

外リンパ瘘は安静にしていれば自然治癒も可能で、頭を少し高くして1週間ほど安静にします。鼻を強くかんだり、力んだりなど、頭の中に圧力がかかるような動作をしないように注意が必要です。症状が変わらないときや悪化するときは手術を受ける必要があるかもしれません。

 

前庭神経炎

1~3日以上激しいめまいが続く

前庭神経炎は突然の激しい回転性のめまいが起こる病気です。1~3日以上も激しいめまいが続き、起きているときも寝ているときも、何をしてもめまいの強さが変わらないのが特徴です。前庭神経炎は内耳神経の前庭神経に炎症が生じ、体のバランスを保つ前庭神経の機能が急激に低下するために起こります。

 

吐き気や嘔吐を伴うこともありますが、耳鳴りや難聴といった耳の症状は現れません。前庭神経炎のめまいは繰り返すことはありません。徐々に軽くなりますが発症1週間は歩行が困難になり、めまいが落ち着いても数カ月はふらつきが残ることもあります。原因は分かっていませんが疲れや風邪を引いた後に発症されやすいです。

 

慢性中耳炎

中耳炎は急性・慢性に関わらず、耳鳴りや難聴を起こす病気です。特に慢性化して炎症が内耳まで及ぶと耳の症状だけではなく、めまいや吐き気にもつながりますので急性の段階で対処が必要です。慢性中耳炎は慢性化膿中耳炎と真珠腫性中耳炎に大きく分けられます。

 

慢性化膿中耳炎は耳だれを繰り返すことで鼓膜に穴が開き聞こえにくくなります。真珠性腫中耳炎は真珠腫が中耳のまわりの骨を破壊しながら増殖し、軽い難聴から始まり破壊が内耳まで進むと耳鳴りやめまい、吐き気、嘔吐、顔面神経麻痺が起こることもあります。

 

 

内耳炎

内耳炎は慢性中耳炎の炎症が内耳まで広がることで起こる病気です。内耳には平衡感覚を司る前庭神経や聴覚を司る蝸牛神経が通っているので、内耳炎にかかるとめまいや吐き気、耳鳴り、難聴といった症状が現れます。

 

ほとんどの内耳炎は慢性中耳炎からの移行によるものですが、おたふくかせやはしかなどのウイルス感染から発症することもあります。内耳炎が治まっても難聴の回復が難しい場合も少なくないようですので、内耳炎に移行しないように慢性中耳炎の段階での対処が必要です。

 

ラムゼイ・ハント症候群

水ぼうそうや帯状疱疹ウイルスが内耳神経に感染

水ぼうそうや帯状疱疹ウイルスが内耳神経に感染して起こる病気をラムゼイ・ハント症候群(耳性帯状疱疹)といいます。この病気ははじめに頭痛や耳鳴りが起こり、数日後に耳の入り口や外耳道に痛みを伴う赤い水泡が現れます。

 

また顔の片側の筋肉が動かせない、目が閉じられない、唇の脇から唾液が漏れるちいった顔面神経麻痺が生じるのも大きな特徴です。症状のうち、めまいは時間経過とともにだんだん感じなくなりますが、耳鳴りや難聴、顔面神経麻痺は後遺症が残ってしまう場合もありますので、早期に耳鼻咽喉科などでみてもらう事が必要。

 

 

耳管狭窄症

耳管の内腔に起こる細菌性の炎症

耳管とは鼓膜の奥にある鼓室(中耳腔)と咽頭をつなぐ管で、主に換気を行って中耳と外界の圧力を同じに保つ働きをしています。耳管は普段は閉じていますが唾液を飲み込んだり、あくびをしたりすると耳管が開いて空気が出入りします。この耳管の内腔に細菌性の炎症が起こり耳管の通りが悪くなる病気が耳管狭窄症です。

 

耳管狭窄症になると唾液を飲み込んだり、あくびをしても耳管がうまく開かず空気が中耳に入らないため中耳内の圧力が低くなります。すると鼓膜の内側と外側に圧力差が生じて異常をきたし、耳がふさがった感じ(耳閉感)や、低音域の耳鳴り、難聴、自分の声が響くといった症状が起こってきます。

 

脳が原因で起こるめまい、耳鳴り

片頭痛

こめかみから目のあたりが痛む頭痛

片頭痛は主にこめかみから目のあたりが、ズキズキ痛んだり、ドクドクと脈打つように痛む頭痛です。圧倒的に女性に多い頭痛で特に20~40代に集中しています。発作が起こると数時間から2~3日間は持続し、通常は月に1~2回、多い人では1週間に1~2回の頻度で出ます。

 

発作の予兆として肩こりがひどくなる場合が多くあります。痛みは頭の片側で起こるケースが多いですが両側で起こることもあります。日常生活に支障が出るほど痛みがひどく、多くの場合は吐き気を伴います。

 

片頭痛の主な症状

・動くと痛みが響く・吐き気や耳鳴り・光がまぶしく感じる・音や臭い に敏感になる

 

頭鳴(脳波異常) 

脳の神経細胞の異常による興奮による耳鳴り

私たちの脳は神経細胞で出来ていますが、この脳の神経細胞が正常に機能しているかどうかをチェックする方法として脳波検査があり、脳の神経細胞に異常があると正常な状態では見られない脳波が現れます。この状態を脳波異常といいます。

 

片頭痛の方が頭痛発作時に耳鳴りの症状を訴えることは少なくありませんが、片頭痛の方の脳波検査を行うと、大脳の後頭葉という部位の神経細胞が異常興奮状態であることがみられるそうです。この後頭葉の神経細胞の異常興奮状態が側頭葉にある聴覚野にまで波及し、耳鳴りとして現れるこの症状を「頭鳴」といわれています。

 

聴神経腫瘍

内耳神経で出来る良性の腫瘍

聴神経腫瘍は内耳神経で出来る良性の腫瘍です。多くの場合が片側に起こります。初期症状は・片側の耳に軽い難聴や耳鳴りが起こり、さらにフワフワするめまいが起こることもあります。

 

腫瘍が脳幹を圧迫してしまうとめまいがひどくなり、難聴や耳鳴りの症状も悪化し顔面神経麻痺も起こることがあり、脳幹部を圧迫すると半身の手足の動きが悪くなることもあります。聴神経腫瘍の初期症状は突発性難聴やメニエール病と似ています。

 

脳腫瘍 

脳に出来る腫瘍の総称

平衡感覚を司っている小脳や脳幹に腫瘍が生じればめまいの症状が現れます。この場合は頭痛や吐き気、手足のしびれ、顔面麻痺、物が二重に見えるなどの神経症状を伴うこともあります。また大脳の側頭葉に脳腫瘍が生じると、聴覚障害をきたして、耳鳴りや難聴の症状が現れることがあります。

 

脳梗塞

脳の動脈が詰まり脳の一部が損傷

高血圧や動脈硬化が原因で脳の血管が狭くなったり、脳の血管に血栓(血液のかたまり)が生じて血管が詰まる「脳血栓」と、心臓など脳以外の場所にできた血栓が血液に乗って脳に運ばれて血管が詰まる「脳塞栓」の二つのタイプがあります。

 

この脳梗塞が小脳や脳幹の細い血管に起きると血流障害をきたし、めまいや耳鳴り、難聴が現れることがあります。脳梗塞は生命に関わったり後遺症を残すこともありますので、めまいや耳鳴り、難聴の他に、手足のしびれ、ろれつが回らないなどの神経症状を伴う場合は早く脳神経外科でみてもらうことが必要です。

 

脳出血

最も危険な病気

めまいを起こす脳の病気で命に関わる危険な病気が脳出血です。激しいめまいや嘔吐、

これに加え頭痛や意識障害などを伴う場合は直ちに救急車で脳神経外科のある病院へ。

 

椎骨動脈などの動脈硬化

動脈硬化の進行で脳の血液量が減少

動脈硬化が進行すると脳に届けられる血液量が減少し、体の平衡を保つ脳幹や小脳の働きが悪くなりますが、めまいや耳鳴り、難聴の症状が現れることがあります。

 

巨大脳低動脈症

動脈が太くなり内耳神経を圧迫

巨大脳低動脈症になると脳低動脈を流れている血液がよどんで、脳への血液量が減少し、脳幹や小脳の働きが悪くなります。また内耳神経に酸素と栄養を送っている血管に血流障害をきたすことにより、めまいや耳鳴り難聴の症状が現れることがあります。

 

椎骨動脈瘤・硬膜動静脈

いずれも脳の動脈に異常が生じる病気

動脈瘤は動脈の壁の一部がコブのように膨らんだ状態のことで、椎骨動脈に生じると内耳神経を圧迫して、めまいや耳鳴り、難聴の症状が現れることがあります。さらに動脈瘤が大きくなって破裂すると、くも膜下出血などの生命に関わるような病気につながる危険性があります。

 

 

 

   参考図書  めまい・耳鳴り・頭痛の正しい治し方  清水俊彦著

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • 営業日
  • お気に入り