国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

腰痛の負担を軽減する姿勢

台所での立ち方

 

前に重心がかかると腰(特に腰椎5番)に負担がかかりますので足を前後して、後ろ足カカトに体重をのせれば腰の負担がグッと減り腰痛になりにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろ足のカカトに体重がのっていれば腰を曲げても大丈夫です。ただし背中を丸めて曲げないように!股関節から曲げるようにするとよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前足に10㎝くらいのものを入れると自然に体重が後ろにかかり腰が楽で腰痛になりにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛になりにくい荷物の持ち方

肘にかける

 

荷物をヒジにかけて持つ時は、手の平を返すだけで楽に荷物が持つ事が出来るので体の負担が減ります。余計な筋肉を使いません。腰痛や首肩こりになりにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屈筋という内側の筋肉を使うと疲れます。手を返すと屈筋があまり使われなくなりますので疲れにくくなり姿勢も安定しますので、腰痛になりにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手で持つ

 

バックを持つ時は、小指側の3本で引っかけて持ちましょう。

親指と人差し指でグッと握ると腕から首まで緊張して非常に疲れます。

 

 

 

 

 

 

 

握らずに小指側3本で引っかけるように持つと余計な力を使わずに楽に持てます。腰の負担も軽減します。人差し指と親指は伸ばして握らないように。握らずに引っかけるだけ!

肩にかける

 

肩に荷物をかける場合は、肩先(肩甲骨の平なところ)に

かけると体を傾ける事なく腰痛になりにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく肩にバックを掛けている側の肩が下がると心配している人がいますが、そんな事はありません。掛けている側はバランスをとるために上がっているはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座り方

 

長座(足を伸ばして座る)や横座り(足を横へ崩して座る)は骨盤を歪めます。特に横座りは骨盤、背骨が大きく歪み、腰痛や股関節痛の原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

腰痛の方は腰が沈むような柔らかいものに座らないようにしましょう。ポイントは股関節が膝より高い位置にある事です。

そうする事で背筋が丸くならずに腰の負担が減ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下に座る時もおしりに10㎝くらいのものを敷くと楽ですので腰痛になりにくくなります。

 

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • 営業日
  • お気に入り