国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

腰痛の種類

腰の構造

 

背骨は頸から腰まで24個)の「椎骨」という骨が連結して出来ていて頸椎(7個)・胸椎(12個)・腰椎(5個)に分けられます。

 

腰椎は5つ椎骨が連結して出来ています。上から第1腰椎、第2腰椎で一番下が第5腰椎になります。第5腰椎の下は骨盤の中心である仙骨

という骨で下端に尾骨があります。

 

5つある腰椎には腰は文字通り体の「要」で、人間のあらゆる動作の中心は腰にあります。そして5つそれぞれの骨が特定の動作の中心になっています。また、一つひとつの腰椎は内臓の働きとも関係しています。

 

各腰椎からみるタイプ別腰痛

第1腰椎 

第1腰椎は体を反る時に中心になる骨で、腕や首など上半身の運動と関係しています。

人間は二足歩行ですが長時間の立位の時にもこの第1腰椎が中心になります。

また第1腰椎は頭(ストレス)が疲れると緊張してきます。

  • 体を反る事が困難になります。
  • 朝起きた時に腰痛を感じます。
  • 常に腰が重いかったり痛みを感じやすい腰痛
  • 立ちっぱなしの仕事をしている腰痛

 

第2腰椎

第2腰椎は左右に体を倒した時に中心になる骨で第4腰椎が連動してきます。第2腰椎は消化器(胃、腸、肝、膵臓)と関係があります。第2腰椎が歪むとこんな腰痛になります

  • 左右に体を倒した時に痛い
  • 階段を下る時に痛い
  • くしゃみをした時に痛み
  • 食べ過ぎた時に痛みが出やすい

 

 

第3腰椎

第3腰椎は体を捻る時に中心になる骨です。泌尿器(腎臓、膀胱)と関係があります。

第3腰椎が歪むとこんな腰痛になります。

  • 体を捻ると痛い、かたい
  • 座った状態から立ち上がった時に痛い
  • 腰に力が入らない、動けない

 

第4腰椎

第4腰椎は骨盤の動き(開閉)を司る骨です。骨盤の閉じる可動性がないとうまくしゃがむ事が出来ない為痛む。また第4腰椎は生殖器、婦人科と関係があります。

第4腰椎が歪むとこんな腰痛になります。

  • しゃがんだ時の痛み
  • 子宮、卵巣の異常での腰痛

 

 

第5腰椎

第5腰椎は前後運動の中心になる骨です。第1、第3腰椎と連動します。

また、動作の初動時に力が入る骨です。第5腰椎は呼吸器と関係があります。

第5腰椎が歪むとこんな腰痛になります。

  • 前かがみの動作時の痛み
  • 姿勢を変える時のズキッとした痛み
  • 足の痛みに特に関係がある(座骨神経痛など)
  • 階段を上がる時の痛み

 

 

 

 

 

腰から足が痛い

「腰から足が痛い」「足のシビレ」「おしりが痛い」などは腰の下の骨である第4腰椎と第5腰椎に原因がある事がほとんどです。第4腰椎、第5腰椎はヘルニアやすべり症などになりやすい負担のかかる変形しやすい腰椎です。

 

足の痛みやシビレや足に力が入らない場合は少なからず坐骨神経が障害されています。おしりから足の裏側を通る痛みを坐骨神経痛と言われていますが坐骨神経は第4腰椎、第5腰椎と仙骨から出る神経の束が合わさりおしりの筋肉の下から太ももの裏を通り、途中から前後に分かれて下へ走る神経です。

 

坐骨神経痛が起きる原因は第4腰椎~第5腰椎間、第5腰椎~仙骨間の脊柱管狭窄、すべり症などの背骨の歪みが多いですが、その他に梨状筋症候群があります。梨状筋はおしりの下の方にある筋肉で仙骨から股関節に付いています。この梨状筋が硬直して、その下を走る坐骨神経を圧迫しているために起こる症状を梨状筋症候群をいいます。デスクワークで長時間お尻を圧迫しているとなりやすくなります。

 

骨盤が痛い

骨盤は腰椎の下の仙骨という骨の両側に腸骨が挟むような形で形成され、腸骨は前では恥骨となり、恥骨結合で左右つながっています。また腸骨の下は坐骨になります。腸骨、恥骨、坐骨は一つの大きな骨で寛骨といわれます。骨盤の痛みは多くの場合仙骨と腸骨のつなぎ目である仙腸関節が痛くなります。仙腸関節は妊娠すると大きく動き、月経・排卵のリズムでも動きます。女性は男性に比べて骨盤の動きが大きいので骨盤が痛くなるのは女性が圧倒的に多いです。特に出産後から骨盤がしっかり戻らず骨盤の痛み、腰痛になる事が多いです。

 

朝起きた時の腰痛

起床時に腰痛を訴える人は多くいます寝方が悪いのか?と気にしている人もいますが、寝方はあまり関係がありません。寝ると自然にその人の楽な姿勢で寝るからです。

 

腰痛持ちや体の歪みが強い人は仰向けで寝ることが苦手です。体が整っていると仰向けで寝ているものです。

 

 起きた時の腰痛の主な理由
  • 体の歪みでうまく力が抜けていない
  • 腰に疲れが溜まっている
  • 寝具の問題

 

 

1.体の歪みでうまく力が抜けない

 

体の歪みが強いと横になっても筋肉が緩まず本人は力を抜いているつもりでも体に力が入ってしまいます。特に体の中心である腰が頑張ってしまい朝腰が痛くなります。体の歪みが強い人は背中が硬く、体を反らすことが苦手だったり、痛かったりしますが、体が硬いため朝起きる時の腰痛がよくあります。このような人は寝ても疲れがとれにくいタイプでもあります。

 

最初は部分的な疲労であっても慢性化すると徐々に体全体の疲労となり、体が強張ってしまい体が緩まないことがよくあります。このような疲れの元を探って対処すれば体はゆるみ楽になりますが、体全体を強く揉んだりしてもなかなか問題の解決にはなりません。体の歪みが強い自覚がある人は整体に行くと問題を解決するには早いかもしれません。

 

2.腰に疲れが溜まって腰が痛む

  

力仕事などで腰に負担がかかっている職業の人は動いている時は、血流が良くて筋肉も柔らかいので痛みが出にくいですが、ジッと止まっていたり、寝ているときは血流が悪くなり筋肉も硬くなってきますので疲れが溜まっている個所に痛みが起きやすくなります。

 

枕が高い人はまず、低い枕に変えてみて下さい。それだけで朝腰が楽になることがあります。

また、腰が沈むような柔らかいところで寝ている人は朝に腰痛が起きやすくなります。

 

腰痛のほとんどの場合は腰の筋肉が伸びている状態ですので、ベッドで腰が沈むと背中が丸まり寝るときは楽でも朝に腰痛になりやすくなります。

 

 

3. 寝具の問題で朝腰が痛い

枕が高い人はまず、低い枕に変えてみて下さい。それだけで朝腰が楽になることがあります。

また、腰が沈むような柔らかいところで寝ている人は朝に腰痛が起きやすくなります。

 腰痛のほとんどの場合は腰の筋肉が伸びている状態ですので、ベッドで腰が沈むと背中が丸まりますので寝るときは楽でも朝に腰痛になりやすくなります。

 

 

腰痛を解消する

腰痛といっても感じ方は様々で、じっとしていれば痛くない腰痛であったり動かなくても痛みがあったり、寝起きやデスクワークなどしばらくの間あまり体を動かさないと腰痛を感じたり腰がおもいや痛いなど感じ方も様々です。

 

病院では腰痛の8割以上は原因不明とされています。

レントゲンで椎骨に異常がなければ分かりませんが、椎骨に異常がある場合は腰椎が悪い状態でほとんどの場合は腰椎の変形までいっていません。

 

腰痛の医学的な見方

骨の異常

骨粗鬆症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性脊椎症・脊椎分離症・脊椎すべり症・腰椎圧迫骨折など

 

筋肉の異常

肉体労働の人は腰への負担が多くなり、筋肉疲労により腰痛を起こすことが多いです。偏った動作を続けていたり、腰の筋肉をよく使っていると疲労が溜まり、腰がおもくなってきます。

 

内臓の異常

内臓、特に腹部にある内臓に異常があるときは臓器そのもの痛みと周辺の筋肉に痛みを感じ、腰痛が起こることもあります。主に腎臓病・尿路結石・婦人科系の病気など。胆石症は上腹部痛とともに腰痛を感じることもあり、虫垂炎も炎症のある盲腸の痛みに加え腰痛を感じることがあります。

 

整体では

整体では腰椎・骨盤の歪みはもちろん見ますが、身体全体のバランスや人によって腰痛の原因は様々ですから足も腕も観察していきます。また腰や骨盤の弾力(動き)も見ることも重要で、背骨や腰が曲がっていなくても弾力(動き)がないとお腰痛なってきます。

 

産後の歪みや骨盤が下がってきますと腰の弾力がなくなってきます。弾力がなくなりますと血流も悪くなり痛みが出やすくなります。

また背骨や骨盤に弾力がないと寝ても力が抜けずに朝の腰痛や

疲れが抜けにくくなります。腰痛はお腹にも異常が現れます。

お腹の横が硬くなったり、下腹に力が抜けたような状態になります。

お腹の異常を解消すると腰も安定してきて腰痛が改善されてきます。

また腰痛は過去の怪我や打撲なども原因として影響してきます。

 

 

腰痛を引き起こす病気

 

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減り、骨がスカスカになりもろくなる病気です。そのためにささいな行動で骨折してしまいます。高齢者、閉経後の女性に多く起こります。初期症状は自覚症状があまりありませんが、進んでくると椎体がつぶされるような圧迫骨折を起こします。急な圧迫骨折は痛みが伴いますが、圧迫骨折が徐々に起こってそれが重なっていくと、脊椎自体が変形し背中から腰が曲がり、身長も縮んで慢性的な腰痛や背中の痛みになります。

 

人の骨は絶えず、生まれ変わっていて、一年で20~30%が新しく再生されるといわれています。日常の生活で少し激しい動きをしたときに、細かい骨折を起こし、常に骨の再生が行われているのです。骨の再生には骨を破壊して溶かす破骨細胞(カルシウムを吸収)と骨を修復する骨芽細胞(カルシウムを供給)が互いに協力して働いています。

 

ところがこの吸収と供給のバランスが崩れて、吸収のスピードが追いつかなくなると、骨の量が減りはじめます。危険因子は、カルシウム不足、運動不足、喫煙、アルコールやコーヒーの飲み過ぎ、加工食品や塩分の取り過ぎ、ステロイド薬の長期投与、病気など。

特に閉経後の女性や卵巣を摘出した女性を骨粗鬆症になりやすいです。

 

化膿性脊髄炎

黄色ブドウ球菌など、ありふれた病原菌に脊椎が感染し、炎症を起こすもの。抵抗力の落ちている高齢者や合併症を持っている患者さんに起こりやすく、術後感染として起こることもあります。

感染したときの症状は、背中から腰にかけて激痛が起こり、高熱を発します。胸や腹部に関連痛が出ることもあります。進行すると菌によって骨が破壊され、脊椎を前後に曲げられなくなったり硬くなった腰椎をたたくと痛みます。

 

結核性脊椎炎(脊椎カリエス)

結核性脊椎炎とは、結核菌が血流を介して脊椎に転移して炎症を起こす病気です。ふつうは肺の結核病巣から流れてきますが、過去にかかった肺結核の結核菌が潜伏していて何かのきっかけで発症することもあります。かつて、肺結核が多くみられた時代に「脊椎カリエス」といわれ、恐れられた病気です。その後、有効な抗結核菌の開発と栄養や衛生環境の向上で、結核そのものが減り、結核脊椎炎も減少しました。ところが最近、再び増えてきて、特に過去に結核にかかったことがある人が高齢になり、抵抗力が落ちたときに発症することがあります。その他、慢性の病気があったりステロイドを長期に使用して免疫力が落ちている人は要注意です。胸椎や腰椎部に発症することが多く、背中から腰に慢性的な痛みがあります。たたくと叩打痛がみられ、夜間痛、体を動かすと痛むという特徴があります。熱も出ることがあります。

 

脊椎腫瘍

脊椎に出来る腫瘍です。もともと脊椎にできた原発のものと、悪性腫瘍が転移したものとに分類されます。脊椎に出来る原発の腫瘍は、若い人から年配の人まで幅広くみられます。原発の腫瘍の種類はさまざまですが頻度はあまり多くありません。一方で、脊椎腫瘍では他の臓器に発生したがんが転移してくるケースが多くみられます。特に30~40歳代の乳がんには注意が必要です。乳がんが発見されたときは、すでに脊椎に転移していることもあります。脊椎腫瘍の症状は、腫瘍によって骨が破壊されることで脊椎を支えていられなくなるため生じる症状と腫瘍が脊髄を圧迫するために生じる症状があります。特にがんが転移したときは、激しい痛みが起こります。腫瘍が脊髄を圧迫するようになると、手足に痛みやしびれ、歩行障害など起こり、ひどくなると手足の麻痺、排尿障害が起こります。

 

脊髄腫瘍

脊髄とその周辺にできる腫瘍で、比較的まれな病気です。もともと脊髄から発生した腫瘍と悪性腫瘍が転移してきたものがあります。脊髄腫瘍の症状は腰痛や手足のしびれ、感覚異常、

痛み、歩行障害などで、腫瘍が大きくなってくると、さらに手足の麻痺、排尿、排便の障害が起こります。

 

その他、腰痛を起こす内臓の病気

 

循環器の病気

・閉塞性動脈硬化

・腹部大動脈瘤

・腹部大動脈解離など

泌尿器の病気

・腎臓・尿路結石

・膀胱炎

・腎盂腎炎

・前立腺肥大症

・泌尿器のがんなど

消化器の病気

・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

・膵炎

・胆石

・胆のう・胆管炎

・肝炎・消化器のがんなど

婦人科の病気

・月経困難症

・子宮筋腫

・卵巣炎

・卵巣のう腫

・子宮や卵巣のがんなど

その他

・帯状疱疹

・インフルエンザ

・風邪など

 

 

 

 

 

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年8月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • お気に入り