国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

座骨神経痛

足の痛みや痺れに自信あり!

 

痺れの原因となる

腰椎・骨盤の歪みを改善します

 

 

座骨神経痛とは

 

坐骨神経痛とは、おしりから足の後面(太もも裏、ふくらはぎ、足裏)にかけて痛みが出る“症状名”であり“病名”ではありません。

 

坐骨神経は腰骨の第4腰椎と第5腰椎、仙骨から神経が出てお尻の筋肉である梨状筋の下を通って太もも後面を下行して、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ足裏に走行する人体の中で最も大きな神経です。

 

つまり坐骨神経痛は神経が腰椎の隙間から出て骨盤を通り、お尻の筋肉から出るまでに圧迫などの障害を受けた為に発症しています。座骨神経痛は脊椎の変形から症状がでる事が多く、次のものがあります。①腰部脊柱管狭窄症②腰椎椎間板ヘルニア③腰椎分離症・すべり症④変形性腰椎症⑤梨状筋症候群。その他脊髄や脊椎、骨盤に腫瘍があったり、子宮内膜症など婦人科系の病気、骨粗鬆症により圧迫骨折なども原因となります。

座骨神経痛の主な症状
  • 足が痛くて立っていられない、長く歩けない
  • 太もも、ふくらはぎ、カカト、足裏など下肢に痛みや痺れがある
  • 腰痛があり、腰に負担がかかると下肢の痛みが出る
  • お尻に痛みや痺れがある
  • 腰、お尻や下肢に力が入りにくさ、脱力感、冷感、だるさがある
  • 左右の足に筋力差がある
  • 会陰部に違和感があり、尿漏れ、便漏れがある
座骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因は腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、分離症、すべり症、梨状筋症候群などが挙げられます。ほとんどの場合は片側の坐骨神経痛が出現しますが両側に見られることもあります。坐骨神経痛の症状である足の痛みやシビレの原因のほとんどは「体のゆがみ」による腰椎部の変形などからです。体のゆがみにより腰椎が変形し神経が圧迫されて痛みやシビレが出ますが、代表的なものが腰椎脊柱管狭窄症です。体のゆがみをとることは病院では出来ませんので、なかなか坐骨神経痛が良くなることはないと思います。

 

椎間板ヘルニア

足に痛みや痺れが出て病院に行くと椎間板ヘルニアと言われる事もあると思います。腰椎椎間板ヘルニアは脊椎を構成している椎体と椎体との間で、クッションの役割をしている椎間板の中の髄核が後方にはみ出し、それが神経を圧迫して痛みや痺れが出るとされています。椎間板ヘルニアは上体を前に曲げると脊柱管に突出したヘルニアが椎体によって圧迫され神経痛が強く出ます。しかし最近では椎間板ヘルニアがあっても痛みや痺れが全くでないケースも多くある事が分かってきています。ヘルニアが問題ではなく、椎間板ヘルニアになるくらい腰椎部の骨や筋肉に負担がかかり、血液や神経の流れが悪くなっているという事です。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは脊椎の中にある神経が入っている管が狭くなり神経や血行を阻害します。つまり神経が締め付けられる事で多くは足に痛みやシビレが現れ、足の脱力感や股間や足裏に違和感が生じる事もあります。腰部脊柱管狭窄症は上体を反らすと脊柱管がさらに圧迫されるために痛みが増し、逆に前かがみになると楽になります。症状が進むと休みながらではないと歩けなくなる間欠跛行が現れます。歩行だけではなく長時間立っていたり仰向けで寝ていると痛みや痺れが出ることもあり、自転車や杖や乳母車を使うと大丈夫というのも脊柱管狭窄症の特徴です。

 

当整体院で座骨神経痛が改善した方の感想

 

症例1

左足の激痛

 

 

 

 

 

 

症例2

脊柱管狭窄症による足の痺れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症例3

腰痛、足の痺れ

 

 

 

 

 

 

 

 

症例4

脊柱管狭窄症

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の治療

 

病院では薬物療法やブロック注射などが治療法として行われるようですが、坐骨神経痛は無理な姿勢や動作による体の歪みの結果ですので、この体の歪みが改善されないと一時的に痛みが緩和されても再発します。当整体院は体の歪みをとることを得意としています。バキバキ矯正することもなく痛みはありません。腰に負担がかからないように体のバランスをとります。

 

 

座骨神経が改善しそうで悪化する要因

① 腹筋、強いストレッチ

座骨神経痛が出ている方の腰の筋肉は突っ張っています。ストレッチをするとその時は筋肉が伸びて気持ちよく楽になったような気がするかもしれませんが、無理にさらに伸ばされた筋肉は筋繊維が切れ、後々さらに硬くなってきます。また腹筋をすると腹筋が縮み、反対側の背中側の筋肉は伸びますので腰痛が悪化して座骨神経痛がひどくなりやすいです

② コルセット、歩かない生活

腰痛ベルト、コルセットをしていると腰で支えられ楽だと感じられますが、腰回りの筋力が弱まりますので腰痛や座骨神経痛がよくなることがなく、腰痛ベルト、コルセットがないと不安定な感じがして手放せなくなります。コルセットは毎日使うのではなく、特に神経痛が激しい時だけ使用するようにしましょう。極端に歩かない生活でも筋力は低下して血流も悪くなりますので悪化してきます。

③ アイシング

慢性的な腰痛は温めると楽になりますが、急性的な痛みや痺れは、炎症が起きていることが考えられますので冷やすと楽になることがあります。体は基本的に温めたほうがよく冷やすと痛みは出にくいですが治りにくくなります。特に感覚がなくなるくらいの冷やし過ぎには注意しましょう。

④ 薬物療法

痛みを鈍感にさせる薬物療法や神経を麻痺させるブロック療法はあくまで対症療法で、治っている訳ではなく体が鈍感になっているだけですので無理に動かしてしまったり、血流が悪くなりますので悪化する可能性があります。

消炎鎮痛剤

痛みと炎症を抑えるもの

筋弛緩剤

筋肉の緊張をやわらげる

抹消循環改善薬

馬尾や神経根とその周囲の血流に作用し、痛みを出にくくする

抹消血管拡張薬(プロスタグランジン製剤)

血管の平滑筋を弛緩させて血管を拡張させ痛みが軽減させる。

ビタミンB12製剤

血液中の赤血球を増やすことで神経を安定させる

抹消神経障害性疼痛治療薬(リリカ)

痛みの伝達物質の放出を低下させて鎮痛効果を発揮する

 

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年8月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • お気に入り