国分寺市の痛くない安全な整体。自律神経系、手足の神経痛、腰痛、股関節痛
整体処たまゆら ホーム

変形性股関節症

 

変形性股関節症の症状と整体

 

「お尻や太ももがだるい」

「歩き始めがお尻の周辺が痛い」

こんな症状があったら股関節に

異常が出始めているかもしれません。

 

痛みがだんだん強くなり、夜寝ていても

痛みが出てくると変形性股関節症の可能性があります。

 

症状は痛みと機能障害

変形性股関節症の初期は長時間歩いたあとにお尻や太ももにだるさを感じたり、歩き始めなど運動開始時に痛みを感じる程度だが、徐々に痛みが強くなり長時間の歩行や立っている事がつらくなってきます。

 

悪化すると安静時や寝ている時にも痛みが出るようになります。股関節をかばうことにより体が傾き、背中の痛みや腰痛、歩行障害も出現することがあります。

 

また関節の機能障害も起こります。股関節を動かせる範囲が狭くなり、靴下が履きにくくなったり、足の爪が切れなくなったり、和式のトイレの使用、正座が困難になるなど。階段は股関節に負担がかかる為に手すりが必要になってきます。

 

症状の進行とともに痛みのある足をかばい、筋力の低下してきますので太ももやお尻に左右差が出てきます。原因は股関節の形成不全などで軟骨が摩耗が多い。

 

変形性股関節症の三大症状

痛み

・運動した後、足の付け根が痛む

・よく歩いた後は、股関節の外側が痛い

・足を内側・外側に倒すと痛みや違和感がある

・正座など足を深く曲げた時に股関節が痛む

歩行障害

・歩き方の異常を他人に指摘される

・歩くと肩が上下に揺れる

・歩くとバランスが悪いような気がする

・足の左右の筋肉量(足の太さ)が違う

・靴の減り方が違う

股関節の動きの制限

・和式トイレが使えない

・股が開かない

・靴下が履けない、爪が切れない

・あぐらがかけない

 

一次性と二次性の股関節症

 

関節の骨はお互いが直接ぶつかり合わないように、表面が軟骨というクッション性の高い組織で覆われています。過度な負担がかかると軟骨が摩耗しやすくなります。軟骨がすり減って関節の隙間がなくなり骨同士が直接こすれ合うと関節の骨に変形がでます。このような関節の変形が股関節に起きたものが変形性股関節症です。

 

原因不明のものを一次性股関節症と言われ、何らかの原因で起こる二次性股関節症に分けられています。日本人の変形性股関節症の80%は二次性の股関節症といわれます。

 

女性に多い変形性股関節症

股関節の痛みの原因でもっとも多いのは、生まれつき股関節がずれている「先天性股関節脱臼」や股関節の骨盤側の大腿骨の骨頭を包む部分の蓋の発育不全の「臼蓋形成不全」

 

股関節は体重が大きく負担になる関節ですので、関節が不十分だとかなり負担がかかります。女性の骨盤は男性に比べて大腿骨が収まる部分が浅くなっていますので先天性股関節や蓋形成不全は女性に多くみられ、10代や20代で症状が現れることも少なくありません。その他の原因として大腿骨頭壊死、外傷後に生じる変形、関節リウマチなどがあります。

 

臼蓋形成不全とは

 

変形性股関節症は多くが臼蓋形成不全が原因で発症します。股関節は大腿骨(太ももの骨)の骨頭とそれが収まる骨盤側の窪み(臼蓋)からなります。骨盤の窪みが浅かったり小さかったりで、しっかり収まっておらず痛みが出るのが臼蓋形成不全です。

 

臼蓋形成不全は大人になって痛みが出て気が付くことが多いです。日本人に形成不全が多いのはオムツのあて方や間違った抱き方に問題があると言われています。足を伸ばすような昔の布オムツは股関節が脱臼しやすくなります。オムツをした状態で膝を抱え込むような抱き方も股関節脱臼の原因となります。また這い這いは腰を強くしますが、すぐに立たせてしまうと腰や骨盤がしっかりしないです。

 

臼蓋形成不全が元で痛みが出ている場合は股関節に負担がかからないように身体(骨盤)の偏りがないように普段の姿勢に注意しなければなりません。特に横座りは股間節を外に

出す力が働き違和感が出やすいのですぐに止める必要があります。

 

先天性股関節脱臼とは

 

股関節は足の大腿骨(太ももの骨)の骨頭とその受け皿である骨盤の窪み(臼蓋)からなります。正常な状態では骨盤の窪みに大腿骨の骨頭がスッポリ収まっていますが、先天性股関節脱臼はきちんとした窪みが出来ておらず、股関節に正しく収まっておらずに骨頭が外のはみ出しています。また先天性股関節脱臼は、軽い脱臼(亜脱臼)や大腿骨の変形も多いです。

 

先天性股関節脱臼といわれますが、奇形でなければ生まれつき脱臼していることはほとんどないようです。欧米ではずいぶん前から先天性股関節脱臼と言い方はやめて発達性股関節脱臼といいいます。股関節脱臼はオムツの当て方や間違った抱き方に問題があると言われています。

 

昔のオムツの足が伸ばされる形になるものが原因と言われています。現在は育児指導が普及したことで減っています。先天性股関節脱臼は逆子や冬に生まれた子に多く、特に女子が圧倒的に多いです。

 

先天性股関節脱臼は大人になってからの変形性股関節脱臼の原因にもなりますが、股関節が偏りがないように身体のバランスを崩さないようにする事が大切です。

子供の股関節脱臼

以前より育児指導が進んでいるため股関節脱臼は減っていますが、おむつの当て方や抱き方で股関節に異常が起こることは少なくありません。赤ちゃんの体は未完成でデリケートです。赤ちゃんの体を守りましょう!

 

股関節脱臼の原因

赤ちゃんの足の付け根に分厚いオムツを挟み込んで縦、横に包みます。そのうえ赤ちゃんの両足を寄せて束ねるようなかたちで抱くと・・

 

股間にオムツを挟み込むと足のかたちは末広がりになります。末広がりの状態のままで

抱くならまだよいですが両足を束ねて抱く人がいます。股の付け根で広げて膝で狭くしていますので、これは股関節をはずすようなものです。

赤ちゃんの骨や関節は柔らかく未完成ですので、こうした圧力にはひとたまりもありません。また脱臼すると癖になり、赤ちゃんの骨は柔らかいので戻りやすいですがすぐに外れやすくもあります。

 

オムツを当てない事がベストですが、オムツを当てる場合は腕にお尻を載せ、腕の力で支えるか股間に腕をいれ抱くかして赤ちゃんの両足を自由に動かせるようにしましょう。

日本人に股関節脱臼が多いだけではなくO脚が多いのも

このオムツを当て膝を寄せる抱き方をしているからだと思われます。

 

歩くときはオムツを外す

赤ちゃんがオムツを当てたまま外股でヨチヨチ歩く姿はかわいいですが、それは足腰の発育にとってよくありません。赤ちゃんが歩こうとしても股間にオムツを挟んでいますから、立つときはハの字型になり垂直に立つことが出来なくなります。

 

本来は足は垂直に付いていて歩く時に蹴る事で前に進むのですが、この蹴る力がそのまま腰に作用し腰が発達します。

 

ところがオムツで垂直に立つことが出来ないので足を広げたまま歩くことになり、股関節に負担がかかりO脚にもなりやすくなります。また充分に蹴ることが出来ずに蹴った力を腰に生かすことが出来ませんので腰を弱めてしまいます。

 

また骨に上からの重力がかかりにくいために骨の発育にもマイナスになります。骨の強さは太さではなく圧縮されることで、骨の密度があがり強くなるのです。骨を強くするためには歩くことが重要です。

 

2週間くらいの入院でも筋力の低下が明らかにわかりますが、骨や筋肉を強くするには時間がかかりますが衰えるのはあっと言う間です。また這い這いも腰を強くする為に必要な運動です。

 

 

整体で出来る事

 

変形性股関節症は軟骨がすり減り股関節部分の変形がおこり痛みが起こります。軟骨がすり減るのは加齢だと一般的に言われますがそんなことはありません。年配の方が全てなることはありません。生まれつき股関節に負担がかかる事もありますが、体の使い方や生活の仕方に問題がある事がほとんどです。

 

軟骨は血液から酸素を受け取り潤滑性と弾力性を生みだす物質「コラーゲン」「プリテオグリカン」を生成します。ところが血流が悪くなり軟骨に栄養がいかないと潤滑性と弾力性が失われて軟骨が潰れてきます。軟骨が潰れますと骨が接触しやすくなり痛みがでます。進行しますと変形し激しい痛みになります。整体ではバランスの崩れた骨盤を整体し、股関節に負担がかからないようにしていきます。

 

バランスを取れますと血流が改善しますので軟骨にも栄養が届き軟骨がすり減りにくくなり痛みや変形が出にくくなります。

喜びの声の一部をご覧ください。

 

個人の感想であり効果を保証するものではありません

M・Uさん
女性
小平市

昨年12月3日 整形外科で言われ、一連の運動をするように指示されました。数日後から左股関節に痛みが走り杖を使ってもびっこをひくようになりました。

 

個人の感想であり効果を保証するものではありません

西さん
女性
昭島市

股関節の痛みは2回目くらいで消え

 

知人からの話で股関節の手術を早めにしたほうがということで主人に相談、主人がパソコンでランキング1位「たまゆら整体院」をみつけて、翌日予約して伺いました。

 

個人の感想であり効果を保証するものではありません

M・Mさん
女性
日野市

右のおしりから足先にかけての坐骨神経痛によるシビレがあり、他院に約一年通ってシビレはなくなりましたが、右足の違和感は依然として残っていました。特に股関節の違和感と

 

当院の特徴

施術に痛みはありません

当院の整体はバキバキ矯正したり、グリグリ揉みほぐすような整体ではありません。呼吸・角度を使った手技で、小さな刺激で大きな変化を目指します。

股関節に負担がかからないバランス調整

股関節に痛みがある方は骨盤が傾き、股関節に過度に負担がかかっている事が多く

骨盤のバランス調整が必要です。

股関節のひっかかりや違和感は軟骨の問題だけではありません

足を動かしたときに違和感やひっかかりは軟骨が減っているいるだけの問題ではありません。腰椎と股関節は筋肉で繋がっており連動して動きます。腰椎部の調整で股関節の動きがよくなる事多くあります。

毎回検査をして、その時の最適な整体をします

 当院では股関節痛の方に限った事ではありませんが、毎回前回からの体の様子や検査をしてから施術に入り、その時の最適な施術を心がけています。施術者が変わることもありません。

整体直後だけではなく、徐々に身体が楽になる

「その場だけはよかった」などのお話しはよく聞きますが当院でバランスを整えた後は、時間が経つとより血流がよくなり筋肉のバランスがよくなりますので、身体が楽になってきます。

 

股関節痛が出やすくなる要因は

 

骨盤のアンバランス

整体では骨盤や足のバランスを改善していきます。

先天性の股関節は痛みの解消することは難しいですが、骨盤や足のバランスを整えることで股関節に負担がかかりにくくなりますので痛みの軽減することはできます。

 

 

 

冷え

特に足が冷えますと血流が悪くなります。また冷たいものをよく食べたり飲んだりしますと、お腹が冷えて足も冷えますので血流が悪くなり痛みが出やすくなります。

 

 

 

運動不足

安静にし過ぎていますと足の筋肉は落ち血流が悪くなります。

筋肉は使わなければどんどん衰えていきます。骨格を支えているのは筋肉なので股関節周辺の筋肉が弱くなる事で股関節に違和感が出やすくなります。無理な運動をする必要はありませんが歩く程度の運動は必要です。

 

 

食べすぎ

食べ過ぎ飲み過ぎると特に右足の血流が悪くなりますので、右側の股関節に痛みを感じやすい方は注意が必要です。股関節の調子が悪い日の前日に食べ過ぎ飲み過ぎしなかったか思いだしてみましょう。

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年12月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • 営業日
  • お気に入り