国分寺市で自律神経系、手足の痺れは歪みとり整体「整体院たまゆら」へ
整体処たまゆら ホーム

春になると腰痛になる原因とは

 春のなると腰痛になる原因とは?
 
 
春は体の変化により腰痛になりやすい季節です
 

 

冬の寒さで猫背になり縮こまった体が暖かくなるにつれ、活動的になる準備で体が緩んできます。後頭骨、肩甲骨、骨盤が徐々に緩んで開いてきますが、骨盤の周辺の筋肉が強張りスムーズに開かないと腰痛になってしまいます。

 

特に出産経験がある女性に起こりやすいです。骨盤や腰の歪みや周辺の筋肉が硬くなってしまって骨盤が固まった人は腰痛になりやすいです。またデスクワークやストレスで頭の緊張が抜けないと、寝ても体の力が抜けずに春になっても筋肉が緩みにくいので腰痛や頭痛、花粉症の原因にもなります。

 

また春は老廃物の排泄の作用が強まり下痢になりやすいですが、骨盤に弾力がないと老廃物の排泄がうまくいかず便秘や生理痛、生理不順になりやすく、なかなか元気が出てきません。特に女性は子供を生み育てる器官があり、月経・排卵の周期で体のリズムがありますので、男性より自然に沿った生活することが重要で、食生活の乱れや出ている症状の緩和だけを目的にする薬の過剰摂取には気を付けたいです。

 

春に腰痛にならないための対策

春に腰痛にならないために暖かくなると同時に、体が緩まるように春になる前から準備をしておくことが大切です。準備不足の時は整体などで骨盤や背骨に弾力を付け、体が緩むようにするとよいでしょう。

肩甲骨回し

春は冬の寒さで背中が丸くなり、胸が縮んだ状態でありますので胸が開くように肩甲骨を回すと様々な効果があります。肩こりや腰痛、花粉症の緩和にもよいです。前と後ろに大きく肩甲骨が動くことを感じながら回すようにしましょう。

足首を回す

足首が硬いと骨盤の弾力・動きを鈍くさせますので、女性は特に足首を柔らかくしておく事が大切で春の腰痛予防になります。足首、膝の状態で骨盤の状態が変わります。生理前は足首を外側に回し、生理後は足首を内側に回しましょう!あまりグリグリ無理に回す必要はありません。

肘を温める

部分疲労が原因で全身が疲れたようになっている人は多いです。体全体を温めるより部分的に温めたほうが身体は緩みます。本人はあまり感じないこともありますが、デスクワークや家事などから腕の疲れが溜まっている人が多くいます。腕が疲れますと肩や首の筋肉も張り頭の緊張も抜けにくくなります。

 

タライなどに少し熱いと感じるくらいの湯を張り肘を曲げて付けます。ぬるくならないように、やかんやポットで差し湯して温度を保ちましょう。肩や首が温まり、じんわり汗が出てくるくらいやりましょう。目安は6~7分くらいでほどよく入れるくらいでダラダラ肘を入れておかず終わったら汗をふき、冷えないようにしましょう。

 

  • 042-312-0304
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ビフォーアフター
    整体ビフォーアフターのページへ
  • 症状別の説明
  • 診療案内
    診療案内
  • ラインID @tamayura505
  • アクセス(地図)
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2018年10月»
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    • 休業日
  • ご来院地域
    【東京都】
    国分寺市 小平市 府中市 小金井市 国立市 三鷹市 武蔵野市 東村山市 八王子市 日野市 青梅市 杉並区 練馬区..
  • 営業日
  • お気に入り